アグリな日々

いつものことをアグリ系弁理士の視点で語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人柄の大切さ

2007年11月30日(金)

アグリ系弁理士の吉永貴大です。

先日、東京国際フォーラムで開催された「アグリビジネス創出フェア2007」に行ってきました。

このフェアは、民間企業と独立行政法人をはじめとする関係研究機関が有する技術シーズとの出会いの場とし、新たなアグリビジネスを創出しようという趣旨で、毎年この時期に開催されるものです。

去年もこのブログで紹介しました。
昨年のフェアの記事は→こちら

今年の私のメインの目的は

農林水産知的財産ネットワークシンポジウム
~農林水産・食品分野の知的財産の活用に向けて~


というシンポジウムに参加するためです。
各パネリストの講演はとても貴重なものばかりでしたが、私が特に印象に残ったお話は京都府知的所有権センター特許流通アドバイザーの田所義雄氏の講演です。
それは、

「産官学のネットワークが成功するにはそれを仲介する人の人柄が重要」

というものでした。
いくら優れた技術であっても、「この人と一緒には仕事はしたくない」と思われたらネットワークはうまく回らないのだそうです。
このことはパネリストとして講演された日油㈱の橋爪論氏も同様のことをお話ししていました。

この世界、とかく技術に論点が集中しがちですが、やはり基本は「ヒト」ということなんですね。

私には、アグリ分野の知的財産は「ヒト」が主役の知的財産であるという持論があるので、田所氏や橋爪氏の発言は私を大いに勇気づけてくれました。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/30(金) 11:43:27|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。