アグリな日々

いつものことをアグリ系弁理士の視点で語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビッグサトイモ

2008年3月22日(土)

アグリ系弁理士の吉永貴大です。

先日、田舎のおばあちゃんから野菜が届きました。
いつも新鮮な野菜をたくさん送ってもらうのですが、今回は特に目を引いたのが、これです。
里芋

リンゴではありません。その前にあるゴツゴツした物体です。
あまりの大きさに、おばあちゃんに電話して確認しました。

私:「これは一体何だ?!」

おばあちゃん:「サトイモだ。」

私:「食べられるのか?」

おばあちゃん:「ちょっと大きいけどな。うまいよ。」

ちょっとどころではない大きさですが、食べてみたら確かに美味しかったです。

とはいえ、これだけ大きいサトイモを食べ切るのは大変そうです(サトイモはこれだけではないので)。
冷凍保存できればよいのですが、冷凍すると味が落ちるのが悩みどころです。
そこで、何かよい保存方法はないかと、サトイモに関する特許を調べてみました(出典:特許電子図書館)。

【特許番号】特許第3230856号
【特許権者】株式会社ミツカングループ本社
【特許請求の範囲】
【請求項1】 マルトース又はデキストリンのいずれかとマルトテトラオースを含有させたことを特徴とする冷凍里芋 。

【発明が解決しようとする課題】
凍結・解凍に伴う細胞破壊と澱粉の老化を抑制し、結果として上述の解凍した里芋のスポンジ化を可能な限り防止した冷凍里芋、及び当該里芋の製造方法を提供することを目的とする。

【課題を解決するための手段】
里芋を冷凍する前にマルトース又はデキストリンのいずれかとマルトテトラオースを当該里芋に含ませることにより、上記課題の解決をすることが可能であることを見出し本発明を完成した。

【発明の効果】
本発明により、凍結・解凍に伴う細胞破壊と澱粉の老化を抑制し、結果として解凍した里芋のスポンジ化を可能な限り防止した冷凍里芋、及び当該里芋の製造方法が提供される。

おばあちゃん、これでいつでも美味しいサトイモが食べられそうですよ。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/22(土) 02:46:25|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。