アグリな日々

いつものことをアグリ系弁理士の視点で語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

胡蝶蘭の生命力

2008年4月30日(木)

アグリ系弁理士の吉永貴大です。

冬の間、ほったらかしにしておいた胡蝶蘭から、何やら茎のようなものが伸びてきました。
すると、みるみるうちにつぼみがついてきました。
これを「花芽」というそうです。
しばらく観察してみることにしました。
胡蝶蘭1
つぼみがどんどん大きくなってきました。
胡蝶蘭2
ついにつぼみがほころんできました。
胡蝶蘭3
咲き始めると早いもので、2日で満開に。
観察を少しさぼっていたら、2輪咲きました。
中途半端な観察日記ですみません・・・。
胡蝶蘭4

この鉢には3株の胡蝶蘭が寄せ植えされているのですが、他の2株からも花芽が伸びつつあります(矢印)。
胡蝶蘭5
胡蝶蘭は1株づつ分けて、素焼きの鉢に入れて、冬でも15℃以上に保ち、加湿器で湿度を保ちつつ、扇風機で風通しを良くする・・・などなど、気をつけなければいけない点が多くあります。

ところが私は3株寄せ植えで、通気性の悪い化粧鉢に入れたまま、温度や湿度は管理せず、扇風機はもちろん使わず、ほぼ放置・・・。
大切に胡蝶蘭を育てている方からお叱りを受けそうですが、うちの胡蝶蘭は健気に花を咲かせています。
胡蝶蘭は、意外に強いのです。

この特許を見て、胡蝶蘭の生命力の強さをみなさんも実感して下さい。

【特許番号】特許第3611484号
【発明の名称】コチョウラン の保存複製方法
【特許権者】サッポロホールディングス株式会社
【特許請求の範囲】
【請求項1】
親株のコチョウラン の花茎に基づき得られた親シュートから娘シュートを側生させて前記コチョウラン を保存複製させる方法であって、
前記親シュートにおいて少なくとも上部1~2枚の葉を残して、基部から葉、根を取り除く除葉/除根工程と、
前記除葉/除根処理工程後の親シュートを誘導培地にて培養し、娘シュートを側生させる培養工程と、を含むコチョウラン の保存複製方法。

【0039】
試験区として図1に示すように、未処理の親シュート(I)を粗調整した粗調整処理区(II)、および粗調整した後に基部より順次3~4枚までの葉を根本から切除し、上部の若い葉を1~2枚残した除葉処理区(III)を設けた。(中略)
【図1】
図1
(中略)第二処理区のように除葉処理を行った結果、29%の割合で娘シュートが側生した。一方、粗調整のみ行った第一処理区では娘シュートの側生が認められなかった。
(出典:特許電子図書館)

※「シュート」 : 茎の節から発生する脇芽のこと
※「第二処理区」 : 図1の(Ⅲ)のことを指すと思われます

つまり、中途半端に葉を残すくらいなら、新芽を残してそのほかはいさぎよく葉を切ってしまったほうがよく育つ、という知見に基づいてなされた発明です。
ほら、胡蝶蘭の生命力の強さを感じませんか。

だからといって私の放任主義が許されるわけではありませんが・・・。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/30(水) 23:35:26|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。