アグリな日々

いつものことをアグリ系弁理士の視点で語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北京便り-その2

2008年5月18日(日)

アグリ弁理士の吉永貴大です。

中国では、消費者の間で

「食品の包装に日本語が記載されていると、その商品はよい商品である」

というイメージが定着しているそうです。
そのため、地元のスーパーマーケットに行くと、中国語と共に日本語が併記された商品を多く目にします。
しかし中には、なんだこりゃ?と思う日本語表記がされている商品もちらほら。

例えば、これはマカダミアナッツのお菓子。
中央に漢字で商品名「夏威夷果」(ハワイの果実、の意)が表記されています。
マカダミアナッツ1
その商品名の右上に小さくカタカナが記載されています。
よく見ると
「ハワイナツ」
と記載されています。

そして左上にも日本語が記載されています。
よく見ると・・・
マカダミアナッツ2
「良い質を求め,テソオソを選ぶ」
と書いてあります。
なお、このお菓子を製造している会社名は「テンオン」です。

日本語がわかる人にチェックしてもらえばすぐに修正できるはずですが、地元の人にとっては日本語が正確かどうかまでは商品選択の基準ではないようです。

でもこのマカダミアナッツのお菓子、おいしいですよ。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/18(日) 21:44:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<北京便り-その3 | ホーム | 北京便り-その1>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/03/16(土) 08:56:10 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/03/17(日) 18:27:30 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/08/27(火) 13:51:35 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yottinn.blog75.fc2.com/tb.php/151-e7eade60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。